a Platform to Post and Review Your Poems and Creative Writings.

  • Hello B-REVIEW + !

    ここは詩をはじめとしたあらゆるクリエイティブな文章の投稿とコメントによる合評を楽しむための新プラットフォームで…

  • 有線放送「愛している」

    大好きだ 大好きだ 愛している という歌詞は 何を思って書いているんだ たとえば私がいまここで 赤貝の寿司が食…

    2件のフィードバック

  • 仕様通り (改)

    私は生きていることができます 私は食事をすることができます 私は排便をすることができます 私は排尿をすることが…

  • 運命

    食パン加えてダッシュして、遅刻遅刻〜、曲がり角でドーン、ぶつかったわけだけど、この曲がり角ってのが厄介でね、本…

    4件のフィードバック

  • ブタの消しゴム

    「お前ブタな」と言われて 渡されたブタの消しゴムを 「オカンはブタや」と言って 母に渡した息子がいたんだとか …

    2件のフィードバック

  • 忘却 (改)

    なんだっけ 昨日の記憶 なんだっけ あれだよ あれ あなたと昨日食べたパスタはおいしかったね どこの店だっけ …

    1件のフィードバック

  • 生きること (改)

    生活ができればいい 私がいなくなった後も生活ができればいい 自炊してもいいし、スーパーの弁当を食べたっていい …

    1件のフィードバック

  • バレンタイン

    バレンタインにクッキー缶は 高くて買えないから せめて一本花を買おう 楽しいことをしないと ドトールのブレンド…

    4件のフィードバック

  • 越冬

    冬の日を モンシロチョウは、 成虫のあの姿で耐えるのですが エサ(花蜜)も全然ないことですし、 石の裏とかどっ…

    8件のフィードバック

  • 【弦】

    ――――弦だけで音はしない 誰かが言った ほんとうに? さっき風が鳴らした 子どもたちが走り抜ける夕暮れの路地…

    3件のフィードバック

  • 【森の夜】

    【森の夜】

    森で 遇っているのだろう 腕を組んで 遠い日の喪失を懐かしく秘め 初めての名を告げる 花を摘む一瞬に ふたたび…

    2件のフィードバック

  • 「古い愛のために」

    私の言葉は古い愛のために使い果たしてしまった 今日心に溢れるものを渡そうとして 空っぽの手を差し出すことしかで…

    5件のフィードバック

  • 「夢の中で」

    「夢の中で」

    夢の中で 深い愛が同じだけの悲しみをもって始まる 誰が知るだろう 呼び声に惹かれて 窓辺に佇んで聴き入っている…

  • 「わすれた」

    「わすれた」

    わすれた そう書いたら 涙が溢れた わすれる ことがまだ あったと知って   おもかげが   ゆうぐれのむらさ…

  • 去来する白鳥のための試論

    だれもでない電話が鳴りつづけている 白日と白夜のみわけもつかない 生命に死はないと措定する もともとなかった死…

    4件のフィードバック

  • 映像詩「落日」

    前回に続き、動画クリエイターの橋本美千夫さん、詩人・画家の印あかりさんとの共同ユニットで、拙詩集『ソナタ/ソナ…

    2件のフィードバック

  • 国語の授業ぷらす

    いいえ、報われることはありません 言語を理解しているかさえ、定かではないのです ・誰とも話せない ・突然止まっ…

    4件のフィードバック

  • ポルノスター

    ポルノスターは男色仕様 ノンケとばかりセックスして 見えない世界を見ようとする ポルノスターはノンケで ゲイの…

    7件のフィードバック

  • バグ

    バグがある 私はバグだ だがロジックが通らない限り 私は発動しない 発動しなければ私はバグではない 認知されな…

    2件のフィードバック

  • 生きること

    生活ができればいい 私がいなくなった後も生活ができればいい 生きて生きて生きて死んでくれればいい 笑って笑って…

    2件のフィードバック

  • 仕様通り

    私は生きていることができます 私は食事をすることができます 私は排便をすることができます 私は排尿をすることが…

    2件のフィードバック

  • 名も知らぬ

    オオバコ エノコログサ ヒメジョオン ネジバナ カタバミ アカツメクサ ホトケノザ ハハコグサ カラスノエンド…

    2件のフィードバック

  • 映像詩「夏の水」

    動画クリエイターの橋本美千夫さんが、拙詩集『ソナタ/ソナチネ』所収の一篇「夏の水」を見事な「映像詩」にしてくれ…

    6件のフィードバック

  • 朝靄

    むらさき色の風 埃の舞う窓を通り過ぎる まだ新しい靴底が 乾いた藁を踏む からっぽの部屋に 君を呼ぶ声 絶え間…

    1件のフィードバック

  • 【論考】詩に於いて事実とは何か

    どこから話したものだろうか。 この問いに私は話すフェーズによって異なった回答をすることになる。と、なると話す順…

    22件のフィードバック

  • 秋の日

    どこか 過去とも未来ともわからない 夢の方角から 風がかすかな呼び声を運んでくる 晴れた日には 茫洋とした白い…

    4件のフィードバック

  • 寛容くんと後輩

    硬貨のような恋をした 貴女のみ呼吸態を揺籃する伸長機 荒廃を(と)天空爺やの巨匠 崩壊を運動会だ 乳化のような…

    2件のフィードバック

  • 西男は結婚したかった

    西男は結婚したかった 西男は結婚するなら誰でも良かった 西男は結婚するために遮二無二働いた 働けども働けども …

    5件のフィードバック

  • 蜃気楼

    遠ざかっていた詩のリズムを 探した、探せば逃げる波音か 逃げ水のように、 風を切る   はるかとおくをてにとろ…

    2件のフィードバック

  • バラの花が咲く

    バラの花が咲く 大切な秘密のように咲く バラの花がそこに咲くのは いつか誰かが そこに植えたからだろうが その…

    1件のフィードバック

  • 確かにそうだ 俺が先に死ぬ 歳もこれだけ離れているし 俺は脳みそに爆弾がある だからこうしよう 俺は死んだら犬…

    4件のフィードバック

  • 1月の約束

    友よ あれほど一緒に酒を飲もうと言ったのに 実現しなかった そのことでいま胃が痛くなるほど後悔している いつか…

    1件のフィードバック

  • 焼かれ懲罰

    倶利伽羅、炎に包まれて 山椒、痺れて尾 緊張しては夢 蝙蝠の糞に桔梗 夜は露 突風と雷の日々 これはきっと 何…

    2件のフィードバック

  • 101パーセントの悲しみ

    ためいき一個分だけはみ出したかなしみが 座標上の一点Qにあり ショットグラス一個分だけはみ出したかなしみが 別…

    5件のフィードバック

  • 犬のしっぽ

    雨の朝、家を出て歩いていったら 犬のしっぽに追いついた 犬は黄色いかっぱを着て しっぽのほかは何処も見えない …

    5件のフィードバック

  • いきいきて

    誰も喋らない 行列は進む 皆前だけを見つめ 道から外れたところで見守る私を 手招きしてくれる人もいない 途切れ…

    4件のフィードバック

  • うしのはんすうし ぷらす

    ぼくは このうしくん くさを たべてはもどす もどしてはたべる はんすうしながら くさをかむのだ このうしくん…

    8件のフィードバック

  • 詩人たちの酒場

    場末の居酒屋のような、ちょっとした雑談ができるスレッドです。 新しく参加された方も、旧サイトから移住してこられ…

    77件のフィードバック

*最新コメント*

  1. 蛾兆ボルカ

    西の子さん、コメントありがとうございます。 LBGTというのは、「レズビアンとか…

  2. それいけ!まちか2世

    沙一さん、こんばんは。勢いを大切にしてたので、そう言ってもらえて嬉しいです。スピ…

  3. それいけ!まちか2世

    西の子さん、こんばんは。もう少し気持ち悪くなるようにアレンジを加えてみようとおも…

  4. 西の子
  5. 沙一
  6. 沙一

    エネルギーを感じます。まるで加速器で粒子と粒子が高速で衝突するような。ベタな少女…

  7. 西の子

    再度コメントしてすみません。交尾かセックスかを議論するあたりが、LGBTだなあ……

  8. 西の子

    もっと長くて冗長なほうが、気持ち悪くていいと思います

  9. それいけ!まちか2世
  10. 花緒

    以前読ませていただいたものから明らかに進化していますね。 まとまっていて、十分素…

  11. 花緒

    朗読することに向いている作品を書かれておられますね。 以前、読ませていただいた作…

  12. 花緒

    ええやん! 楽しく拝読しました!。ネット詩らしいジャンク感と抒情性。

  13. それいけ!まちか2世
  14. 蛾兆ボルカ

    藤さん ありがとうございます。 名作2編とご比較頂き、たいへん光栄です。作者とし…

  15. 藤 一紀

    蛾兆さん、こんにちは。まずは蛾兆さんの新作が読めたことをうれしく思います。 湿り…

  16. 沙一

    年明けのこの一月も残りわずかとなりましたね。本作を読むと、悔いを残さないように行…

  17. 石村

    ボルカさん、美しい批評文を頂戴し有難うございました。光栄の至りです。 「悲しみ/…

  18. 蛾兆ボルカ

    切ない喪失感や離別をそのままではなく、死滅しては行くけど、無かったことにはならな…

  19. 蛾兆ボルカ

    沙一さん コメントありがとうございます。 「セックス」に清き一票、心強いです。 …

  20. 沙一

    私としては、本作においては「交尾」よりも「セックス」のほうが適している語であると…

*更新情報*
2024-01-03 画像投稿における不具合を解消しました
2023-12-17 投稿後の作品を作者自ら編集・削除できるようになりました
これに伴い利用規約も更新しました
2023-10-21 コメント通知メールが届くようになりました
2023-09-23 B-REVIEW + リリース!

B-REVIEW + に参加しましょう!